• 内科
  • 漢方
  • 栄養療法

おひとりおひとりが、
本来持つ免疫力を
サポートする
クリニックです!

人は、必ず年を取ります。
億万長者の大富豪であろうと
どんなに医療が進もうと
どの人もこの加齢から逃れることは出来ません。
ですが・・・・・
「最後の日まで健康でいたい!」全ての方がそう願うはずです。
病気を治すだけではなく
原因を追究し治すだけで終わらない医療を
当クリニックでは患者様に提供したいと考えています。

あらゆる側面から病にアプローチするだけではなく
おひとりおひとりが生まれながらに持っている免疫力に着目し
皆様の体の声と向き合い
耳を傾け、療し、
病気になりにくい体づくり
病気になっても戦う力を持つ体づくりを
お手伝いいたします。

マイナ保険証について

患者さまの個人情報取り扱いについて
安全性が確保できないと判断し、
当院では、現在使用しておりません。
ご来院の際は、保険証をお持ちください。

 
午前
午後

【午 前】9:00~12:00
【午 後】14:00~18:00(土曜日は15時まで)
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

※火曜日は、14:00~15:00まで往診の時間となります

  • 受付終了時間は、診療終了時間の15分前となります
  • 健康診断の方は、17:30までに、点滴をご希望の方は、17時までに受付をお済ませください。
  • 経過が長い患者さま(精神疾患、不登校、化学物質過敏症など)は、できるだけゆとりをもってお話をお聞きしたいので、午後の診療時間帯をおすすめいたします。

当院の診療報酬加算に
関してのご案内

一般名処方の取り組み

一般名加算について

後発品がある薬剤について、お薬の商品名に代えて有効成分の名前で処方した場合に算定されます。処方箋が一般名で表記されることにより薬局で後発品を受け取ることが出来るため、お薬代が安くなります。

明細書発行に関するお知らせ

明細書発行加算について

個別に算定された診療報酬明細書を発行しています。投与されたお薬、行った検査の内容など明記されています。明細書が不要な方は、受付でお申し出ください。

感染対策への取り組み

外来感染対策向上加算

感染管理者を定め、院内感染対策マニュアルを作成し、職員一同感染対策を推進しています。年二回の勉強会も開催しています。 診療についても感染性の高い疾患が疑われる場合は、一般の方と分けて診察しています。また地域の医師会、松任石川中央病院との感染対策連携を図っています。

かかりつけ医としての取り組み

機能強化加算

地域の皆さまのかかりつけ医として以下の取り組みを行っております。

  • 健康診断の結果についての相談、および健康管理
  • 必要に応じ専門医、医療機関をご紹介
  • 介護保険サービスの利用に関するご相談
  • 主治医意見書
  • 夜間、休日のお問い合わせに対応しています
生活習慣病管理料Ⅱ

生活習慣病対策の一環として、「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」を主病で通院中の患者さまには、これまで『特定疾患療養管理料』を算定されていましたが、2024年6月1日から療養計画書に基づき、より専門的にかつ個別に健康管理を行う『生活習慣病管理料Ⅱ』へ移行となります。それにともない医師や看護師より療養計画書について説明をさせていただきます。ご同意を頂いた上、署名を頂きますので、よろしくお願いいたします。

お知らせinformation

  • 2024.04.18GWの休診は、5月3日(金)~ 6日(月)となります。
  • 2023.11.1312月29日(金)午後~1月4日まで年末年始のため休診とさせていただきます。
  • 2023.11.13高濃度ビタミンC、グルタチオン点滴 入荷いたしました。
  • 2023.11.13グルタチオン点滴料金が12月から変更になります。
  • 2023.10.0210月21日(土)は、院長学会参加のため12時までの診療となります。

経鼻内視鏡検査
(鼻から挿入する胃カメラ検査)当院では、内視鏡・消化器病専門医が診察検査を行います

胃がん発見時、速やかに石川中央松任病院や石川県立中央病院などの医療機関にご紹介します。
特にピロリ菌の有無についてもわかりやすく、なぜ確認をする必要があるのかをお話します。

鼻から胃カメラ検査をするメリット!

  • 嘔吐反射がないので、口からの内視鏡のような「おえっ。。」という嗚咽がない
  • 口がふさがらないため、スタッフ医師と検査中でも会話ができます。
  • 苦痛がないため鎮静剤を使用する必要がない
  • 検査終了後、すぐに運転が可能です
  • 検査終了後、医師が画像を見ながらわかりやすく結果をお伝えします

※同時に腹部内視鏡検査を行うこともできますので、ご希望の方はお申し込みください

ホームページコラム 筆不精医誌曖昧模糊 -あいまいもこ-

VOL.70
2024.04

待望の処女作

こんにちは 
院長の新です。

 

寒暖差はまだつらく、花粉も黄砂も飛んではいますが、ようやく春になり、
気分も軽やかになってきますね。

 

私自身も、この春!
とうとう、待望の処女作(初版)となる書籍が出来あがりました。

 

そもそも私自身、本を書くなど夢にも思っていませんでした。しかも国語は苦手中の苦手。
ただ、不思議な事に今回は、書ける!書ける!苦手だった文章も、自分の素直な思いならスラスラ書けてしまったのです。

 

今回は、新くりにっく開業(2015年)からコロナパンデミック(2020年~2024年)までの、診療風景や診療で得たデーター、診療に対する溢れる熱い思いを書きました。

 

みなさんが、それぞれに経験する病気や新型コロナウイルス感染や人生初のコロナワクチン接種体験は、良きにしろ悪しきにしろ1回きりです。しかし、くりにっくでは大勢の患者様がそれぞれの体験をお話ししてくださいますので、多数の情報が集積され、その中には共通点があり、ひょっとしたら患者様にとって役に立つ情報になるのではと思いました。

 

私は、「正」の字を書いて何でも統計をとる事が、子どもの頃からの趣味でもありました。
それが、ここにきて役に立ってきたのです。

 

これを診療の中で繰り返していたら、なんと! 様々な、今まで知られていない新しい、かつ斬新な情報がとなりました。まさに、気づきの連続でした。
そして、このことを黙ってはいられず、どうしても皆さまにお伝えしたく、ウズウズしてきました。

 

今回、金沢市の出版社「橋本確文堂」にお手伝いいただきました。
80ページほどの薄い本ですが、自費出版となります。
価格は、800円です。

 

タイトルは、“町医者のひとりごと”です。
院内の受付にて販売しています。
ご縁ある方に、是非とも、読んでいただきたいと思っております。

 

PAGE TOP