• 内科
  • 漢方
  • 栄養療法

おひとりおひとりが、
本来持つ免疫力を
サポートする
クリニックです!

人は、必ず年を取ります。
億万長者の大富豪であろうと
どんなに医療が進もうと
どの人もこの加齢から逃れることは出来ません。
ですが・・・・・
「最後の日まで健康でいたい!」全ての方がそう願うはずです。
病気を治すだけではなく
原因を追究し治すだけで終わらない医療を
当クリニックでは患者様に提供したいと考えています。

あらゆる側面から病にアプローチするだけではなく
おひとりおひとりが生まれながらに持っている免疫力に着目し
皆様の体の声と向き合い
耳を傾け、療し、
病気になりにくい体づくり
病気になっても戦う力を持つ体づくりを
お手伝いいたします。

マイナ保険証について

患者さまの個人情報取り扱いについて
安全性が確保できないと判断し、
当院では、現在使用しておりません。
ご来院の際は、保険証をお持ちください。

 
午前
午後

【午 前】9:00~12:00
【午 後】14:00~18:00(土曜日は15時まで)
【休診日】水曜午後・日曜・祝日

※火曜日は、14:00~15:00まで往診の時間となります

  • 受付終了時間は、診療終了時間の15分前となります
  • 健康診断の方は、17:30までに、点滴をご希望の方は、17時までに受付をお済ませください。
  • 経過が長い患者さま(精神疾患、不登校、化学物質過敏症など)は、できるだけゆとりをもってお話をお聞きしたいので、午後の診療時間帯をおすすめいたします。

当院の診療報酬加算に
関してのご案内

一般名処方の取り組み

一般名加算について

後発品がある薬剤について、お薬の商品名に代えて有効成分の名前で処方した場合に算定されます。処方箋が一般名で表記されることにより薬局で後発品を受け取ることが出来るため、お薬代が安くなります。

明細書発行に関するお知らせ

明細書発行加算について

個別に算定された診療報酬明細書を発行しています。投与されたお薬、行った検査の内容など明記されています。明細書が不要な方は、受付でお申し出ください。

感染対策への取り組み

外来感染対策向上加算

感染管理者を定め、院内感染対策マニュアルを作成し、職員一同感染対策を推進しています。年二回の勉強会も開催しています。 診療についても感染性の高い疾患が疑われる場合は、一般の方と分けて診察しています。また地域の医師会、松任石川中央病院との感染対策連携を図っています。

かかりつけ医としての取り組み

機能強化加算

地域の皆さまのかかりつけ医として以下の取り組みを行っております。

  • 健康診断の結果についての相談、および健康管理
  • 必要に応じ専門医、医療機関をご紹介
  • 介護保険サービスの利用に関するご相談
  • 主治医意見書
  • 夜間、休日のお問い合わせに対応しています
生活習慣病管理料Ⅱ

生活習慣病対策の一環として、「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」を主病で通院中の患者さまには、これまで『特定疾患療養管理料』を算定されていましたが、2024年6月1日から療養計画書に基づき、より専門的にかつ個別に健康管理を行う『生活習慣病管理料Ⅱ』へ移行となります。それにともない医師や看護師より療養計画書について説明をさせていただきます。ご同意を頂いた上、署名を頂きますので、よろしくお願いいたします。

お知らせinformation

  • 2024.04.18GWの休診は、5月3日(金)~ 6日(月)となります。
  • 2023.11.1312月29日(金)午後~1月4日まで年末年始のため休診とさせていただきます。
  • 2023.11.13高濃度ビタミンC、グルタチオン点滴 入荷いたしました。
  • 2023.11.13グルタチオン点滴料金が12月から変更になります。
  • 2023.10.0210月21日(土)は、院長学会参加のため12時までの診療となります。

経鼻内視鏡検査
(鼻から挿入する胃カメラ検査)当院では、内視鏡・消化器病専門医が診察検査を行います

胃がん発見時、速やかに石川中央松任病院や石川県立中央病院などの医療機関にご紹介します。
特にピロリ菌の有無についてもわかりやすく、なぜ確認をする必要があるのかをお話します。

鼻から胃カメラ検査をするメリット!

  • 嘔吐反射がないので、口からの内視鏡のような「おえっ。。」という嗚咽がない
  • 口がふさがらないため、スタッフ医師と検査中でも会話ができます。
  • 苦痛がないため鎮静剤を使用する必要がない
  • 検査終了後、すぐに運転が可能です
  • 検査終了後、医師が画像を見ながらわかりやすく結果をお伝えします

※同時に腹部内視鏡検査を行うこともできますので、ご希望の方はお申し込みください

ホームページコラム 筆不精医誌曖昧模糊 -あいまいもこ-

VOL.71
2024.06

『認知症』のとらえ方

こんにちは 
院長の新です。

 

この4月から当院の患者数増加に伴い、大変ご迷惑をおかけしております。
それも3月31日で父が新内科医院を閉院し、これまで通院してくださっていた患者様が当院にお越しいただくようになったことが理由なのですが、その患者さま方を診ていて感じることを今日は書かせていただきます。

 

わりと皆さん、お話好きで、にぎやかで、人情味溢れる方が多い印象を受けます。また、患者様からちょくちょく聞くのが、「お父さん(のからだ)は大丈夫?」、「さみしいね」、「まだやれるんじゃないの?」とか、スタッフについても、「親しみやすかったのにね」「何でも話せたのに」とか、時に、私の顔を見て「お父さんにそっくりだね」などなど。

 

つくづく新内科医院は地域の方々に親しまれていたのだな、と改めて感じております。 この患者さま方に父自身も支えられていたのだなと感じています。

 

父の患者さまも父と同様、高齢の方が多くいらっしゃいます。
その影響で午前中の診療は特に高齢の方が増えきました。 そこでよく悩みとして聞かれるのは、『認知症』、そしてそれを支える家族の苦悩です。

 

老夫婦2人暮らし、片方が認知症で、それをお世話する配偶者が一番苦労されていますね。毎日の生活は、本当に大変だろうなと思います。

 

身体の疲労よりも心の痛みもあるように思います。
「以前のように戻って欲しい」と心のどこかで願い、どうにもならない現実に苦悩されている方も少なくありません。

 

当院の認知症の患者さまだけではなく、知り合いの認知症の方を眺めながら色々思うことがあります。それは、男性よりも女性が多いな、とか女性の中でもご主人に従順な方が多いな(男性の後ろを3歩下がって歩くみたいな方)とか、ストレスが多い方や肥満よりも痩せ型の方が多いなぁなどです。

 

認知症という病は、様々な要因がりますし、医学では原因も明らかになってきています。
それとは別の見方に、この方々が認知症になられたのも何か必要があったのではないかとも思うのです。認知症にならなければいけなかったのか?もしくは認知症に自ら無意識になったのか?

 

私のとらえ方は、こうです。
たまたま偶然におこる病気はなく、必ず必要があってその病気になっている!

 

そういう意味でも、これまで様々な常識にとらわれ誰かの頭でしか生きてこれなかったことで人生の終盤になり自由ということを味わいたい!家族のお世話と人間関係の調節役に疲れストレスから解放されたいと願っていた!男性の方は、勤勉でなにより常識に縛られ、頑固なタイプの方が実は、自由になりたいと願っていた! そしてその通りになった。

 

ある意味、認知症の方は自由ですよね。常識も非常識も超越した世界で生きている感じがします。

 

このとらえ方ですと ご家族は、心を痛めませんね。
なぜならばご本人は、望んでその状態にいるのですから。

 

何にも縛られることなく、自由な世界で毎日を過ごし、将来に対する不安や心配事から解放され、生活しているのではないでしょうか。
心配して嘆いてかわいそうな目で見ているのはご家族だけで、もしかしたらご本人は、めちゃくちゃお幸せなのかもしれません。

 

だったら周りも心配しなきゃいいのです。
しかし、なかなかそう思えないのも理解できます。
私たちは、病気の人には優しくあれ、助けよ!他人に迷惑をかけるな!家族なら何が何でも面倒みよ!と教育されてきましたし、それが良識ある人間とされてきましたね。

 

でもよく考えてみてください。
家族であっても個々人の人生のシナリオまでには、口出しできないのです。その病気を選んだこと、自ら選択して今の状態になったとは考えられないでしょうか。いえ、ぜひそういう考えもしてみてほしいと思います。

 

そうしたら、もう少し介護している方もお気持ちが楽になりませんか? どうにかしようと思わず、どういう人生を歩いていくのか最後まで見守るだけです。家族の方もご自身の人生のシナリオを謳歌してください。あなたも自由なら私も自由でいいのです。施設の方に預けてもいいんです。

 

勿論、様々な考え方がありますので、「いや、私が最後まで面倒みる!」と決めている方もいらっしゃいますね。それもOKです。

 

今日は、少し認知症の方を見る目を変えてみて、考え方をちょっと変えてみてもいいのではないでしょうかというお話でした。

 

医者のこんなお話しに興味がある方は、ぜひ診察の際にでもお声かけください。

 

PAGE TOP